ケアマネージャー試験と仕事@ガイド

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録  

ケアマネージャーとは

  ケアマネージャーとは、介護保険法(平成9年 法律第123号)に基づき、要介護者等からの相談に応じ、要介護者等がその心身の状況などに応じた適切な居宅サービス又は施設サービスを利用できるように介護サービス計画(ケアプラン)を作成し、居宅サービス事業者等との連絡調整などを行うための資格のことです。

  ケアマネージャーは、「介護保険法」に定められた公的資格であり、通称的、一般的にはケアマネージャーと呼ばれます。

正式名称は

 しかし正式名称は「介護支援専門員」と言い、要介護者のための介護保険制度において、居宅介護支援事業者、および介護保険施設を要介護者、要支援者が使うために、介護サービス計画(ケアプラン)を作成する専門職なのです。

ケアマネージャーの試験

 ケアマネージャーの試験日は例年10月または11月の日曜日(申し込みは7月〜8月)に行われる。試験内容は多岐選択式で60問。介護支援分野から25問、保健医療分野から20問、福祉分野から15問という内訳。

ケアマネージャーの仕事の概略

  ケアマネージャーの仕事内容の一つに、要介護認定を受けるための認定申請代行と、訪問調査業務などがあります。実際に訪問調査を行った後に、コンピュータによる第1次判定が出ます。

 要介護認定がなされると、ケアマネージャーは、本人や家族の希望を聞いたり、症状なども考えた上で、どのような介護サービスを受けていくかなどの、ケアプラン(介護サービス計画)を作成します。

 ケアマネージャーの仕事はケアプランの作成だけではなくケアプランの給付管理までをカバーしており、そういった業務も非常に大きな仕事内容のひとつとなっています。

  在宅介護支援の中でリーダー的な役割を果たしたり、要介護者のための様々なサービスを考えて、介護される側である要介護者や要支援者、そしてその家族と介護事業者との間をつなぎ、より良いサービスを提供することがケアマネージャーの重要な役割となります。

その他、医療系資格のお役立ちサイト

 (就労条件はともかく、ケアマネージャーと同様に)今後需要がますます増えるであろう介護の仕事に興味がある方は介護福祉士の国家資格と仕事内容のサイトをご覧ください。

 簿記おすすめ通信講座で会計知識の取得をすると、お金の流れがわかるようになり、副業や個人事業としての確定申告も自分でできるようになります。

講座代を少しでも安くするために

 決して安くはないケアマネージャーの講座代を、ポイントが貯まりやすいクレジットカードで支払うことにより少しだけ節約することができます。クレジットカードのおすすめをランキングで紹介しているサイトで還元率が高いカードを調べることができます。