ケアマネージャーになるには

 ケアマネージャーになるには、正式名称「介護支援専門員」という資格を取ることが必要です。その資格はどうやってとるかというと、筆記試験はもちろんありますが、加えて実務の経験が必要とされています。

  もちろん、高校を卒業してすぐに試験が受けられるかというと、そうはいかない専門職なので、一定期間(時間)以上、実際に介護施設で働いたり、看護師として医療に携わったりしなければなりません。

  それは、医療の中で人を介護することが少なからずある職業の経験となります。

  看護師、保健婦などの職業の経験を得てから資格を取る、もしくはヘルパーの仕事をし、まず介護福祉士になってから経験を更に積みケアマネージャーの資格試験を受ける人も多く、介護職に就く人々にとって、ケアマネージャーは目標とされる資格となっています。

  ケアマネージャーの仕事の内容を考えればそれは到底医療に関して素人である人間が出来るものではなく、一定の能力が求められますので、介護の専門職として働くことができていることが要求されているのです。

 

ケアマネジメントの仕事術
ケアタウン総合研究所所長による、ケアマネジャーの仕事、利用者対応とマネジメント・サイクル、タイプ別アセスメントのポイントなどについて、著者の経験とケアマネジメントに携わっている現場のケアマネジャーのノウハウをもとに解説した指南書。 ケアマネを目指す人だけでなく、ケアマネ歴が長い人にも人気の書籍です。

 

  ケアマネージャーを学校を出てから目指そうというのであれば、やはり介護や医療に関わる仕事に関する資格を取ることが一番の近道といえるでしょう。

  そういった、仕事の中で経験を積み、ケアマネージャーとなることは、どのような職場にいて、ケアマネージャーになるのかという選択肢も増えてきます。

  自分にとって、一番良い形で、やりがいのあるケアマネージャーとして仕事をするには、それ相応の努力が必要であるということです。

  自分が、どういった内容の仕事がしたいかで、取らなくてはならない資格は出てきますが、それに伴った経験がないと、資格が取れないようになっているケアマネージャーはそれだけ責任ある仕事と言えるでしょう。

  それだけに、一度なると辞める人も少ない職業ではあり、飽和状態と言われていても、それは今現在の話であって、今後増えていく傾向にある老齢者の人口のこともありますから、やはりこの資格が介護職従事者にとって大きな目標となっているのは否めない事実であるのではないかと思います。

ユーキャンのケアマネ通信講座
 合格者の5人に1人がユーキャン受講者。当サイト経由申込No1。
 www.youcan.com

ニチイのケアマネ受験対策パーフェクトゼミ[通信・通学]
 現役ケアマネ2400人を徹底リサーチしてできた受験対策。
 www.e-nichii.net